イクオス 副作用

育毛剤イクオスの副作用について

総合力の高さが評判の育毛剤イクオス

 

多くの男性が悩まされている髪の問題。
その問題の原因は頭皮の血行不良であたったり、頭皮の血行不良であったり、
男性ホルモンの影響だったり、毛根への栄養不足であったり・・・

 

これまでの育毛剤はその原因のどれかにフォーカスしているものの、
全体的な総合力に欠けるものでした。

 

それぞれフォーカスしている髪トラブルの原因に偏りがあるから、
使用する育毛剤をコロコロ変える人がいたわけです。

 

育毛剤イクオスはそうしたジレンマを徹底的に払拭した育毛剤です。
男性の抜け毛や薄毛の原因それぞれにフォーカスし、それぞれに
高い効果を発揮する育毛剤なのです。

 

これからイクオスを使い始めようと考えている人もいると思いますが、
使用する前に確認しておきたいのがその副作用ですよね。

 

育毛剤は毎日定期的に使用するものですから、体に害がないことを
ちゃんと確かめておきたいですよね。

 

で、

 

 

結論から言っておきますと、育毛剤イクオスに副作用の心配は不要です。

 

 

世の中にはたくさんの育毛剤がありますが、中には副作用があるものもあります。
副作用がある育毛剤の一つが育毛剤リアップです。

 

テレビCMで宣伝され、ドラッグストアでも必ずと言っていいほど
販売されている有名な育毛剤です。

 

ミノキシジルという成分を配合し、頭皮の血行を促進する高い効果がありますが、
反面、頭皮がかぶれたり、湿疹ができたりといった副作用もあります。

 

ミノキシジルは頭皮の血管そのものを拡張する作用があり、
血管が拡張されることで血管を流れる血液量を増大させる効果がありますからね。

 

リアップを使用するときは副作用があること前提に使用しなければなりません。

 

リアップ以外に副作用を心配する必要があるのがプロペシアという”飲む育毛剤”。
リアップは医師の処方がなければ入手できないですが、ネットを通じて海外から
並行輸入で入手できたりします。

 

プロペシアは男性ホルモンの作用を抑えることで薄毛や抜け毛を抑える薬です。
フィナステリドと呼ばれる成分が5αリアクターゼと呼ばれる体内の酵素の働きを抑え、
活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの発生を抑えるのです。

 

男性ホルモンによる脱毛作用を抑える効果がありますが、
男性機能障害、性欲減退、肝機能障害といった危険な副作用がつきものです。

 

特に肝臓に与えるダメージは相当なものです。
肝硬変、肝臓癌といった肝臓疾患を患った人も中にはいます。

 

 

副作用を心配しなければならない育毛剤はリアップとプロペシアです。

 

 

医薬部外品として販売されている育毛剤であれば、リアップや
プロペシアのような副作用は基本的に不要です。

 

 

イクオスはリアップのようにミノキシジルを含んだ育毛剤ではありません。

 

 

頭皮の血行を促進する作用はありますが、それはイクオスに含まれる
植物性天然素材による効果効能なのです。

 

 

また、イクオスにはプロペシアのような副作用もありません。

 

 

イクオスは男性ホルモンの脱毛作用を抑える効果もありますが、
それは植物性天然エキスであるオウゴンエキスによるもの。

 

プロペシアは化学合成されたフィナステリドと呼ばれる成分によって
男性ホルモンの脱毛作用を抑えるのに対して、イクオスは植物性天然素材の力で
男性ホルモンの作用を抑えるものです。

 

副作用を心配する人もいると思いますが、イクオスは副作用を心配する必要はありませんよ!

「育毛剤イクオス」